システムを仮想化するべきなのか

近年、企業システムを仮想化する企業が非常に増えています。クラウドサービスも様々な機能や性能を持っている物が充実しており、従来では多額の先行投資を行わなければ実現できなかった様々なシステムやデータベースが安価で簡単に利用できる時代になりました。それゆえに、経済的理由でシステム導入ができなかった中小企業でも導入を行う企業が増えています。その為、システムを仮想化することは企業にとって非常に一般的な事となっているのです。但し、仮想化のメリットばかりを見てしまうと、重大なリスクを見落としてしまうことにもなりかねません。このメリットとリスクを十分に認識せず目先の経済効果だけで選択してしまうと思わぬ落とし穴に嵌ってしまうことも有るので注意することが大切です。

仮想化のメリットとはどのようなものか

システムの仮想化の大きなメリットは、システムの先行投資を抑えることが出来るとともにリソースを十分に利用できるという点にあります。従来のシステムに於いては一つの機能に付き1台もしくはそれ以上のハードウェアが必要になるのが一般的であったため、企業システムのような複数の機能を利用するシステムの場合には双方のハードウェアが必要になり、これに伴い投資額も大きくなることが一般的でした。仮想化をすることで1台のハードウェアに複数の機能を搭載することが可能になり、その投資が縮小できるほか、ハードウェアのリソースが許す限り機能を搭載することでそのリソースを有効に利用することも可能になります。又、クラウドを利用する場合に至っては管理運用コストを削減することも可能になるため、社内の人的リソースの有効配分も可能になるというメリットがあります。

仮想化に於いて注意すべきことは何か

システムの仮想化に当たっては、そのリスクを十分に理解し、ビジネスに与える影響を考慮した上で行うことが重要です。第一に仮想化システムは1台のハードウェアの上で複数の機能が実現されているため、ハードウェアの故障は複数の機能に大きな影響を与えてしまいます。従来の1台に1つの機能の場合には同時に複数のハードウェアが故障することはその確率が少ない物でしたが、仮想化システムの場合にはこの様なことがあり得るため、ハードウェアのトラブルによる営業がより大きくなるリスクが有ります。又、従来にくらべハードウェアのリソースを高い効率で使用するためにシステムダウンのリスクも高くなり、処理数が増えたときには機能が相互に制限し合い処理能力の低下を招いてしまうため、より緻密な制御が必要になります。システムの可能かにおいてはこのリスクを良く理解し、ビジネスへの影響を考え回避策をとっておくことが重要です。