システムを仮想化した場合の費用対効果

システムの仮想化は大きなメリットを与えてくれますが、特に費用対効果という面においては大幅な向上が見られるシステムが多くなっています。仮想化環境の構築で使うサーバやPCは従来のシステムに比べて単品ではコストが上がります。しかし、ハードウェアだけではなく、ソフトウェア、スペース、電力、保守費用、人件費などを考慮するとトータルで大幅なコストカットが可能となります。また、費用対効果も一気に改善されるシステムが多く、特に人員確保が難しい企業にとっては必須とも言えるしくみとなっています。費用対効果が上がる一方下がるのが保守費用であり、企業にとっては従来の仕組みに比べて利点が多いシステムとなっていますが、複雑化する面もあるので注意が必要となっています。

仮想化システムの実現方法について

仮想化システムは主にサーバで対応が行われます。デスクトップPCでも仮想化環境は作れますが、あくまでも既存のOSの上で動くシステムであり、パフォーマンス面でまだまだ改善の余地があります。そこでサーバでの対応が期待されています。サーバで仮想化システムを実現するには仮想化用のOSを利用するのが一般的です。仮想化用のOSは特定のアプリケーションが動くだけですが、動作させるOSが多く、企業で使っているOSの多くが稼働できます。しかも、使えるハードウェアが増えてきたことで既存のサーバも効率的に利用できる、新規のサーバのハードウェアを効率的に使えるメリットがあります。リソースの再配分は動的に行えるのもメリットであり、稼働状況において最適な設定を自動選択させられる機能も注目されています。

仮想化を導入した際の費用対効果

仮想化を導入しなくてもサーバーの単価が安くなっているから問題ないと考える企業も多いようですが、サーバーはハードウェアだけで導入できるものではなく、日常業務においてさまざまなコストがかかるので注意が必要です。その一つが電力です。サーバーの省電力化は進められていますが、単一時間あたりのコストはデスクトップPCよりも大幅に上がります。台数が増えれば待機時間が少なくても無駄な電力が多くなることになります。仮想化を利用することで台数が減らせますので稼働率アップに加えて電力の削減が可能です。また、台数が減ればスペースができます。サーバー用のスペース確保やエアコンの設備費などがネックになっている企業にとっては費用対効果が大変高いシステムであり、導入が急がれてきています。