システムを仮想化した場合のコスト

近年では、クラウドサーバによって構成されている業務システムやオンラインサービスが数多くあります。これらのシステムは、従来であれば、複数のサーバを使って処理をしていましたが、最近では、仮想化技術が登場して普及してきた事で一台のサーバ上に複数の仮想マシンを作成して、その仮想マシンにサーバ環境を構築するといった事が行われます。このようにする事で、物理サーバの数を減らす事ができ、総消費電力を下げてシステムの運用を行えます。仮想化を行う際には、マルチコア・マルチプロセッサで大容量のメモリを搭載するサーバを使えば、複数の仮想マシンを動作させても、処理能力が極端に落ちるという事が起こらず、全体的なコストを削減するのに役立ちます。業務システムやオンラインサービスを刷新する際に、仮想化されたシステムに乗り換える企業は増加傾向にあります。

システムの仮想化で注目するべきポイント

システムの仮想化を行うのであれば、企業が業務において、どのような用途でシステムを構築するのかを考えておく必要があります。仮想化は、サーバやパソコンのハードウェアをソフトウェア的にエミュレーションする技術ですので、物理サーバにはそれなりのスペックが要求されます。特に要求されるのが、プロセッサのコア数とメモリの搭載量です。どちらも仮想マシンの数だけ要求される物であり、プロセッサのシングルスレッド性能やマルチスレッド性能が高ければ、一つ当たりの仮想マシンの処理能力が向上します。仮想マシンは、物理サーバと同じようにプロセッサのコアの数の割り当て、メモリやストレージの割り当てなどが行えますので、高性能な仮想マシンを作成すれば、業務システムを構築した時に効率良く処理が出来るようになります。

仮想化システムを採用した場合のコストの削減について

業務システムやオンラインサービスを仮想化した場合、物理サーバーがそれだけ必要が無くなってきますので、コスト削減が図れます。最近では、企業が業務サーバーを導入しなくても、クラウドサーバをレンタルする事が出来ますので、このクラウド型のレンタルサーバを活用すれば、好みのサーバーOSやデータベースソフトウェア、サーバソフトウェアを使ってシステムの構築が可能になります。コスト削減を行う事で、企業はシステムの構築に対して余分な予算を割かずに、他の部分に予算を割ける環境が整います。仮想化による初期コストが気になりますが、クラウド型のレンタルサーバサービスを選択する事によって、企業が単独でサーバーを購入するよりも安く済みます。勤怠システムや在庫管理システム、オンラインショップなど企業が業務システムを用意する機会は広がっていますが、仮想化によってスムーズに対応する事が出来ます。