システムを仮想化するとはどのようなものか

システムの仮想化とは2つの意味があります。1つはハードウェア上で複数のOSが稼働するということ、2つめは今のパソコンやサーバで動かないアプリケーションが動く可能性があるということです。さらにいえば、大幅なコストダウンが見込めるシステムであるということです。仮想化はCPUの負担が大きいのでこれまではあまり利用が進められてきませんでした。しかし、CPUに仮想化支援機能が追加され、一般向けのCPUでも快適に仮想化システムを利用できるようになったことで一気に採用する事例が増えています。システムを仮想化することで得られるメリットは大きなものであり、特に古くから多数のサーバを利用してきた企業ではコストダウンのメリットがポイントとなる場合が多くあります。

仮想化システムの実現方法について

仮想化は主にCPUが重要です。CPUでは仮想化環境を実現する際、既存のOSとの通信をするのですが、オーバーヘッドが大きいのが問題であり、パフォーマンスが悪い理由でもあります。しかし、仮想化支援機能がCPUに搭載されたことで状況は一変しています。仮想化支援はCPUで発生していたオーバーヘッドをかなり減らすことに成功しています。オーバーヘッドが減ったこと、リソース配分が効率的に行えるようになったことでサーバだけではなくデスクトップPCでも仮想化を積極的に利用する場合が増えています。仮想化の実現には専用OSも登場してきており、さらに効率的な仮想化環境の実現が可能になっていますが、デスクトップPC上でアプリケーションの一つとして動作する仮想化システムもまだまだ利用されるケースが増えています。

仮想化のシステムによるパフォーマンス

システムを動かすということはどれだけCPUやメモリの力を発揮させられるかが重要です。しかし、従来のように1つのサーバーでOSが1つの状況では待ち時間が大変多く、使用率は半分以下というサーバーも少なくありません。しかし、複数のOSをサーバーで動作させることで使用率の向上をはかれるほか、トータルコストも大幅に下げられると期待されています。従来のサーバーでは複数のOSを動かすことはオーバーヘッドの問題で避けられてきましたが、CPUが進歩したことで同時にいくつものOSを稼働させてもパフォーマンス低下が抑えられるようになっています。この方式は専用OSでさらに向上し、企業によってはプライベートクラウドの実現環境として活用する事例も多くなっており、今後ますます利用が進められると期待されています。

仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 チューニングレスで常に安定したパフォーマンスを発揮します。 仮想マシン単位での可視化、制御、洞察、即時適応をストレージのコンソールで管理できます。 業界初、仮想マシン単位でのQoSを自動化。 仮想化専用だから、面倒なサイジング、構築運用、パフォーマンスのチューニングは一切不要。 デスクトップを仮想化!